スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.08
チビタロウを出産後一か月大阪の実家にお世話になり、母に付き添ってもらい岩国の自宅に帰宅。
母は日帰りで大阪へ。

そしてその翌日、母からの電話。

「ママ、子宮体がんかもしれん。」

・・・はぁ??何の話??誰の話??

4月にチビマルを預けて、その後産後の私の世話をし、そのせいで疲れてるのかと思ってたら
私を岩国に送ったその日、岩国にいるときに不正出血があったらしい。
私に言うと心配するかもしれないからそのまま大阪へ帰り、翌日近くの大きな病院で診察したらそう言われたとのこと。
子宮体がん、精密検査の結果、リンパまではいっていなかったけれど、今後の事も考えて子宮、卵巣、リンパ摘出・・・。

それからはバタバタと入院日が決まり、手術日が決まり、MRIだPETだと検査検査。
また手術中の輸血時の為に、自分の血液を毎日採血&保存の日々。

私は生後一か月のチビタロウと共にはなかなか大阪まで行けず、気が気じゃない。

ただどうしても心配で手術翌日は思い切って新幹線に飛び乗ってお見舞いに。

7時間の大手術、無事に成功したものの、次は抗がん剤投与。
一ヶ月後にお見舞いに行ったときは・・・母の髪は抜け落ちていました。

3回に分けての抗がん剤を終えたと思ったら今度は放射線治療。

病院が近いこともあり、一ヶ月間毎日放射線治療に通う日々。
副作用がきつく、便秘と下痢を繰り返し、片足が歩けないほどむくみ、苦しかった様子。

そんなこんなで昨年後半は本人ももちろん、家族も大変な日々でした。

昨年前半は3月11日の東北大震災で多くの命が失われ、死というものを考える機会が多かったけれど、
そこで起きた今回の母のガン宣告で、別の形で肉親の死の恐怖を感じる日々となりました。

今回は運がいいとしか思えないぐらい、いい病院といい先生に巡り合えて母はすっかり元気。
今は髪も伸びてきましたが、これを機にショートカットでオシャレすることにしたらしく、髪は染めずに今は真っ白のショート。大ぶりのイヤリングとキレイ色の口紅で案外いい感じ。
入院中時間があるので念入りに肌の手入れもしていたらしい。だから病みあがりとは思えない美肌。

髪型、肌共に美容研究家の佐伯チズの様になってます。(ホンマか~!??(笑))

それにしても「不正出血」。。。。大したことないで済ませていたらダメだね。
婦人科は子供を産んでても、産んでなくてもできれば行きたくないところ。あんな診察誰だっていやだもん。
でもちょっとでも不安な事があれば、思い切っていかないといけないね。
















スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 心と身体

もう11月?!

2011.11.07
チビタロウが産まれてもう半年・・・この半年はめまぐるしかったなぁ。

5月・・・5月20日頃のチビタロウ1カ月検診もあるし、そのまま岩国の自宅へ帰宅。     

6月・・・チビマル幼稚園年々少クラスに編入

7月・・・首がすわる

8月・・・寝返り

9月・・・ずりばい移動&高ばい始める

10月・・・お座り&つかまり立ち、一人でボトルを持ってミルクを飲む

11月・・・離乳食開始

体重の増え方もチビマルの1.5倍ぐらいのスピードで、お座りする姿はまるでオッサン。

二人目って楽とは聞いていたが、本当にものすご~く楽な子供だ。
たまに居るのを忘れる事があるぐらい、一人で遊んでたり、テレビを見ていたリする。

育て方も大変手抜きも手抜きになり、とにかく無理をしないのがモットー。

離乳食もチビマルのときは丁寧に裏ごしして・・・・とやっていたけれど、チビタロウに関しては
おかゆとかは作り置きするけれど、市販の瓶詰もバンバン使うし、大人の料理から適当に取り分けて食べさせたりしても平気になってしまった。
本人も大人の食べ物に興味があり、この前はチビマルのカレーの食べ残しのスプーンを握りしめて舐めていた・・・以前の私なら
「同じスプーン使わない!!あ~っ!こんな固いものだめだめ!お腹壊したらどうしよう・・そうだネットで調べよう・・・」
などと大騒ぎしていたけれど、今となっては
「へ~結構大丈夫なんだ~チビタロウおいしい?」とのんきに構えている。

多少変なものを食べたとしてもまぁ下から出てくるわぐらいの気持ちでいる。

時間をかけて離乳食を作り、食べなければイライラしてしまうよりも、多少手抜きしても子供と一緒に遊ぶ時間に回すほうがいいって松田道雄の育児本にも書いてたしね~(笑)

・・・ダメ母でしょうか?


テーマ : *男の子2人育児*
ジャンル : 育児

入院生活 in 岩国

2011.06.30
チビマルの時はキャンベラの私立総合病院での出産でしたが、今回は岩国の個人病院となりました。

日本で二人目出産となると、たいてい自分の実家での里帰り出産が一般的ですが、そうなると一か月前に帰省、産後一ヶ月検診を終えてから自宅へ帰るので最低でも2カ月は家族が離れることになります。

今回も立会い出産を希望していたので、やはり岩国で産むのがベスト。

ただ急に陣痛がきた場合、チビマルを預ける人がいないし、急に迎えにきてもらえる距離じゃないので、チビマルだけは予定日の2週間ぐらい前から大阪に行ってもらうことになりました。


大きなお腹で13キロの子供を毎日持ち上げる動作(チャイルドシート、ショッピングカート、バスタブなど・・・)はかなり辛い。
買い物後、車内で熟睡してしまったチビマルをガレージから2階の玄関まで抱きかかえて登るのは最も辛かった~。
実家が預かってくれたおかげで出産までの2週間、身軽になったので色んな用事を片づけたり、自分の体のことだけを考えて動けばいいので楽でした。

ここ最近個人病院が次々と分娩取り扱いをやめており、岩国では国立の総合病院、私立の総合病院、個人病院のたった3軒しか分娩できるところがありません!
そのなか色々条件が合った個人病院に決めました。

すべて個室で、なかでも和室の特別室というのがあるのです。
特別室といっても一日1500円ぐらいの追加料金なので、せっかくなので申し込んでおきました。
畳の病室なんて日本ならではだよね!

room.jpg

お布団は家族も泊まれるようにもう一組用意されており、和風なライトと袋戸棚、旅館のような小さい冷蔵庫、湯沸かしポットがついています。
手前にはシャワールーム、トイレ、洗面台、テーブルセット、クローゼットなどがついています。
夫も何回か泊まりに来てくれました。
面会のお客さんが数人一度に来られても、畳に上がってもらえばいいから、椅子を探さないで済むのが良かったです。

私の様に実家が近くない人のために、ランドリーもあり、洗濯機、乾燥機、もちろん洗剤も無料で使い放題。
これは非常に助かりました。
多めに持ってきていても、やはり洗濯したいものもでてくるしね。

またここの病院の評判のよさは食事にもあります。

普通はレストランのような食堂へ行って食べるのですが、部屋へ運んでもらったり、自分で運んできたりしてお部屋で食べても構いません。

朝は洋風か和風朝食が毎日交代で、昼、夜はすごいボリューム!

ごはん

そしてティータイムのおやつも美味しい♪

おやつ

キャンベラのJJホスピタルもごちそうだったけど、今回のHクリニックも、食べることが何より優先の私としては嬉しい入院生活でした(笑)

入院後半は歩くこともできるようになったので、食堂へ行って食べたのですがこれも正解。
もちろん似たような日に出産した人が多いので、すぐ友達になれるし、二人目とは言え不安がいっぱいな人も多いので、お互い励ましあったり情報交換したりできました。

前回は当たり前ながら皆オージーだったし、なかなか話に入っていけなかったり、テンションの違いなんかもあって病院内では全く知り合いはできなかったので、今回はとても嬉しかったです。

さすがにもう3人目はないだろうから(汗)こんな恵まれた入院生活を味わうのもこれで最後かな。。。














テーマ : *男の子2人育児*
ジャンル : 育児

産まれました

2011.06.18
もう2ヶ月も経ってしまいましたが・・・第2子となる次男が産まれました。

予定日3日前の検診では、特に兆候もなく「う~ん、一週間は先だねぇ」と先生に言われて帰ってきました。

しかし10日後に夫が韓国へ出張へ行くことになっており、もしかしたら立ち会いが出来ないかも、また、立ち会い出来たとしても、入院中に出発してしまうとたった一人で退院することになるし。。。と大変困っておりました。

それでネットにて「早く陣痛が来る方法」なるものを検索したら色々と方法がでてきたので試しに片っ端から
やってみることにしました(笑)

①オロナミンCを飲む
②スクワットをする
③一時間以上散歩する
④オッパイマッサージをする

検診からの帰った翌日、オロナミンCを買ってぐびぐび。
そのままスクワットをしてちょっと休憩し、家の近所を一時間以上散歩。坂道が多いのでかなり疲れる。

その日の夜は夫は仕事のあと夜釣りに行くと言っていたので、一人で夕食後お風呂に入ったついでにオッパイマッサージをしたりして、先に就寝。
そうしたらなんか張り切って動いたせいか、お腹が痛くなってきた。
それがなんとなく20分置きぐらいに痛くなってきた。

夫が帰ってきたのが夜10時。
「なんかもしかしたら陣痛がくるかも~」と冗談で言ってたら、本当に間隔が短くなってきて15分おきに。
これはやっぱり陣痛だと思い、病院に電話したら経産婦は早いからすぐに来て下さいとのこと。

折角夫が釣ってきたメバルとカサゴは下処理も出来ないまま、包んで冷凍庫へぽーんと入れて出発。

病院までは車で10分ぐらいだから、途中コンビニによって夫の夜食なんかを買い込み。
到着後すぐ分娩着に着替えて、分娩台に寝かされモニター装着。
LDRなので陣痛から分娩まで同じ部屋で過ごすのだ。
これはオーストラリアと同じなのでチビマルの時の事を懐かしく思い出しながら、陣痛の中休みに携帯でmixiでつぶやいてみたり、すごいのんびり過ごして・・・

ところが一回の陣痛はどんどん強くなってくるのに間隔が8分ぐらいからなかなか縮まらず。。。微弱陣痛とのこと。
。。。ただ時間は流れ、体力も落ちてへとへと。
眠いのと疲れているのとで意識が飛びそうになったり、ふ~っとなったらまた陣痛で目を覚まし・・というのが続き、チビマルの陣痛時間を軽く超えた頃、やっと分娩OKとなり、いきむことが出来たのはいいけれど呼吸法も思ったように出来ず、途中酸素マスクを付けられたりもしました。
助産師さんと、看護婦さんに「あ~痛い~!!!一体あと何回いきめばいいのでしょうか~っ!?」と思わず聞いてしまったり。

夫がそばで「頭出てきたよ!!」と言ったのを聞いて何とか最後の力を振り絞って出産。

も~のすごく痛かったけれど、前と同じく赤ちゃんの泣き声を聞いたら痛みは飛んでいってしまいました。

まゆみ出産


そのまま赤ちゃんをカンガルーケアで抱っこさせてもらい、その間に後産、後処置をしてもらい、しばらく家族だけで過ごさせてもらって、携帯メールなどで出産の報告をしたりして一時間ほどたった頃・・・突然の激痛。
それが陣痛と同じような間隔で繰り返して、寝返りも出来ない、もう腰がどうにかなりそうな程の痛み。

私があまりにも痛い痛いと言い続けるので、看護婦さんがこれはおかしいと先生を呼びに。
診察後先生がお腹を押すと吹き出す大量の出血。
これは弛緩出血で全部出してしまわないといけないということでお腹を押して出血というのを繰り返しこれが泣くほど痛い!

数十年前までは出産時の死亡原因のほとんどがこの弛緩出血だったらしい。

それにしても今回は日本での出産で良かったと思いました。
だって英語で自分の体の異変とか、上手く伝えられないし、突然こんな風に先生達に慌ただしく処置されたら不安で何が起こったか理解できないし、色々考えてゾッとしました。

貧血がかなりひどいので予定より2,3日後に退院することになりましたが、退院翌日には新幹線に乗り大阪へ。
一ヶ月検診までの3週間、のんびり過ごさせてもらいました。

もう岩国に戻って一ヶ月経ち、まぁ何とか子供二人の生活も慣れてきました。
男の子二人なので体力がついていけるか心配だけど、頑張るしかないね!気合いで乗り越えよう!

今度は日本での入院生活を書いてみようかな。

テーマ : *男の子2人育児*
ジャンル : 育児

むさしのむすび

2011.04.10
4月にはいって、もういつ産まれてもおかしくないので、(まぁ結局遅れるとは思うけど)
チビマルは先に大阪に預ける事になりました。
それでもうかれこれ一週間たったのだけれど、全く愚図らず、楽しく毎日を過ごしている様子。
夜にちょっとだけ寂しくなると、寝る前に
「ナイショね~」と言いながら母のオッパイをちょちょっと触りに来たらしい(笑)
やっぱり寂しいのかな。ごめんよ、チビマル。

私と言えば、急に世話をするのが40才過ぎの男子一人だけになったもんだから、
もう抱っこでお腹に力を入れる事もなくなり、食事も手抜きさせてもらってます。

でもね~チビマルがいないともっと昼寝しようと思っていたのですが、産後帰宅していきなり子供を寝かす場所を
作ったり、チビマルの布団も干しておかないといけないし、実家に帰る前に自分の身の回りの物を送る用意もしておかないといけないし、結構すること一杯。
どうもあれもこれもと用事が目に付くんだよね~。
普段ちゃんと掃除もしてないもんだから、留守する前に細かい掃除もしておきたいとか。
ゴミの分別して、判りやすくしておかないといけないし。

夫は仕事で疲れているだろうに、帰宅後買い物にいってくれたり色々気をつかってくれて
なんと私は一週間で一キロも太ってしまった(汗)

どうしても外食やらが続いてしまうのですが、ちょっと会合とかで夫が広島や岡山へ行ったりする日は
必ず買ってきてもらうものがあります。

それがこれ↓ むさしのむすび弁当

むさし弁当1

広島ではチェーン展開されている有名なお店でミクシィにコミュもあるぐらいなんだけど、美味しくてはまってます。

色々種類があるのですが、一番お気に入りは唐揚げむすび弁当と山菜むすび弁当。
唐揚げは冷めても皮がパリっとしてて、手作り感がいい!
おにぎりの塩気がこれまたちょうど良くて、ほぼ毎回このセットで買ってきてもらい夫と分け合います。
私はおみそ汁を作って待って居るのみ。

むさし弁当

今我が家の周りは桜で満開。
明日は社宅のご近所さんとお花見をしようと計画中。
本来ならお弁当作って持ち寄りとなるところ、皆小さい子連れで結構大変なので、山賊でお弁当を注文して
楽しむことになりました。楽しみ♪

そんなこんなで楽させてもらって、楽しく出産までの一週間(?)を楽しんでいる今日この頃です。








テーマ : 美味しくて、オススメ!
ジャンル : グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。